どこ カードローン 選べばいい

どこのカードローンを選べばいい?

どこのカードローンを選べばいい?

カードローンと言っても、カードローンには多くの種類があることを皆さん知っていると思いますが、カードローンなんてどこも同じだろうと思っているなら、これは間違いなので、考え方を変えた方がいいでしょう。

借入する時に大きく分けると、銀行カードローンと消費者金融の2つに分かれます。 それぞれに特徴がありますから、どのような違いがあるのか特徴があるのかを知っておく必要があります。 お金を借りるということは、とても安易に考えてはいけないのです。

ではどのようにカードローンを選べばいいのかを見ていきましょう。 早くお金を用意しなくてはいけないのであれば、即日融資が可能な消費者金融が良いと思います。 ですが、色々な視点から考えることがとても大切なのです。

1つ目は、大手の銀行系列であることです。 それは何故かと言うと、安心して借りることが出来るキャッシングだからです。 お金を借りる時には、悪質な業者もあるということを常にしっかりと頭に入れておかなくてはいけません。 そして銀行ローンと言っても、銀行ローンの数は銀行の数だけあります。 銀行ローンだけでも膨大な数の銀行ローンがあるのです。 日本の貸金業協会によると、2014年で貸金業者が2,016社もあるということがわかったそうです。これらの全てが消費者金融ではありませんが、その割合は多いです。 それ以外で借入することが出来る所もありますが、それは違法業者の「闇金融」と言われるところです。

金融庁が公表している違法業者の数は1,200社を超えているようです。また公表していない違法業者を入れれば、かなりの数になるのではないでしょうか。金融庁でも把握できていない違法業者もたくさんあると思います。

なので大手の銀行や大手の銀行系消費者金融を選ぶようにするだけで、闇金融を選ぶ危険性が減ると思います。 そして安心のことを考えると、もう1つは銀行系列を選ぶようにすることです。なぜかというと全国展開しているからです。

一部の地域でしか利用することが出来ない地方銀行のカードローンや中小消費者金融や学生ローンなどだと全国で利用できるとは限りません。

もし現在自分がいる所では便利に使うことが出来たとしても、引っ越しをしたり、出張や旅行などしてしまうと、借入だけではなく、返済をするにも支障が出てきてしまうかもしれないのです。 なので全国どこにいても利用することが出来る大手の銀行または大手の銀行系消費者金融を選ぶようにした方が便利です。

また元金以外の費用を抑えることも大切なのです。 借入をしたことがない人だと、元金以外に何に費用がかかってしまうのか若菜頼人がいるかもしれませんが、元金以外にも利息や手数料がかかってしまうのです。

まずは、利息の計算をしましょう。
利息の計算方法
借入残高×金利÷年間日数×利用日数=利息

上記の計算方法で利息を求めることが出来ます。このように1日分の利息を計算して、利用日数分を支払うことが出来るようになるのです。

全ての利息を計算するために必要な項目になるので、金利だけではなくて、借入残高や利用日数を下げることも重要なのです。

また借入をするにも返済をするにも、その利用によって手数料がかかってしまうのです。 消費者金融や銀行の専用ATMや口座引き落としであれば、手数料がかかることはありませんが、提携コンビニのATMなどは、便利ではありますが利用手数料がかかってしまうのです。

現在は昔と違い、ネットだけで利用することが出来る物があります。 ネットでは、24時間申し込みが出来ますし、会員サービスや振込キャッシング、ネット返済などのサービスがあるのです。 ちなみにネットは、消費者金融ならではのことです。

一方銀行カードローンは、まだネットとの繋がりが浅くて、消費者金融ほど便利に利用することが出来ませんので、便利さから考えてみても消費者金融の方が、サービスが充実していると言えるでしょう。 現在は、ネットが生活の一部になってきていますので、会員サービスの中でも借入から完済まで行うことはとても便利だと思います。少しでも早く返済したいと考えるのが普通だと思いますので、利用方法にもスピードが求められているのです。 なので消費者金融や銀行のカードローンの金利だけを比較するのではなく、会員サービスがどのようになっているのかなども比較してみるといいでしょう。

銀行のカードローンは安全なのは間違えありませんが、先ほども書きましたが、お金を早く用意しなくてはいけないというような場合もあると思います。 そのような時には、消費者金融を選ばなくてはいけません。 即日融資が可能な所であれば、すぐに借入することが出来るからです。

もし借入する時に、気を付けなくてはいけないのはやはり闇金融に引っかからないことだと思います。明らかに怪しい所から借り入れをすることは避けてください。 闇金融から借り入れをしてしまうと、自分の首を絞めるだけではなく、自分以外の人に舞枠がかかってしまうことがありますので、気を付けましょう。 このようなことに気をつけてカードローンを選ぶようにしていきましょう。