カードローン 利用する時 注意点

カードローンを利用する時の注意点

カードローンを利用する時に注意するべき点を紹介していこうと思います。 カードローンは、賢く使うことが出来れば、とても便利なサービスではありますが、使い方を間違ってしまうと、自分のこれからの人生が狂ってきてしまう可能性がある危険なサービスとも言えます。

便利と危険の両面があるカードローンは、注意しなくてはいけない所が色々あります。 まずは、お金を借りる前に自分が借りたい金額と返済計画を明確にしましょう。 これはお金を借りる時に1番重要な点と言えるでしょう。 自分が返済できない金額以上を借入しないようにしなくてはいけません。 借入というのは、限度額以内であればいくらでも借りることが出来るのですが、借りた物には、利息をつけて返済しなくてはいけないのです。

借入金額を多ければ多いほど利息を高くなってしまい、毎月の返済が大変になります。 収入が安定していて、毎月生活出来るだけの収入があったとしても、無計画に借入をしてしまうと、返済額が増えてしまい、自分の収入から返済額を引くと生活が出来ないことになってしまい、また新しい借金を作ってしまうことになるのです。 なので利用する時には、しっかり計画を立ててから利用するようにしなくてはいけないのです。

またローン用のカードはキャッシュングではないということを覚えておきましょう。 ローン用のカードもキャッシングカードも、同じようにATMなどを使用して、お金を引き出し手にすることが出来ると思いますが、キャッシングカードは、通常は自分が働いたことで得ることが出来る自分のお金です。 ですが、ローン用のカードというのは、あくまで消費者金融会社のお金を一時的に借入しているだけなのです。

どちらも同じように、ATMからお金が出てきますが、自分のお金なのか、そうではないのかでお金の重さがまったく違うのです。 同じようにして出したり入れたりするので、動作的には同じかもしれませんが、カードローンで出してきたお金は、自分の物ではないということを決して忘れてはいけません。

そして借入したら、絶対に返済日を守ってください。 返済日に返済することが出来ないと、利息プラス遅延損害金が発生してしまうのです。遅延金というのは、通常の利息よりもはるかに高く設定されているので、返済日に返済が出来ないと通常に返済金額よりも高額な返済金額になってしまうのです。 それに返済日に遅れてしまうことで、金融会社からのあなたへの信用が下がってしまい、結果的に限度額を下げられてしまったり、利用を停止されてしまう可能性も出てくるのです。

なので、返済日を過ぎてしまうと、自分にとって悪い状況になってしまいかねないので、返済日に返済できないということにならないように、返済日はしっかり守り、返済を出来るようにしてください。

またカードローンを利用しようと考えた時に気をつけてほしいことの1つの中に、闇金があります。 だんだん減ってきてはいるようですが、無くなった訳ではありません。 電柱や塀やガードレールなどに「お金貸します」などと連絡先の広告が貼ってあるところを見たことがあると思います。 最近ではそのような広告もなくなってきましたが、まだ闇金は存在していることを覚えておきましょう。

近年では、借入を複数の所からしている人や通常お金融会社では断られて借入が出来なかった人、高齢者をターゲットにして融資をしているようです。 闇金は、審査なしでも融資することが出来ることや無職でも融資できること、多重債務者でも融資できること、自己破産の経験がある人でも融資が出来ること、高額融資でも保証人が必要なく、無担保で融資が出来るなどといた、甘い言葉を使います。

どうしても融資を受けたいと思っている人にとっては、とても嬉しい言葉だと思いますが、そういった所は、利息制限法を無視して高金利の貸付けを行っているのです。 このような悪徳業者である闇金がいることで、消費者金融は全て怖い所と思ってしまう人もいるかもしれません。 ですが、しっかりとした消費者金融もありますし、そういった消費者金融会社では、国から認可を受けているので、安心して融資を受けることが出来ると思います。

ここでも気をつけて欲しいのですが、中には国の認可を受けておきながら闇金と同じようなことをしている会社もあり、行政処分の対象になっている会社もあるということです。 なので、もし融資を受けようと考えるのであれば、どこから融資を受けるのかなどを慎重にしっかり考えなくてはいけないのです。

このようにカードローンを利用する時には、注意しなくてはい行けないことが色々あることがわかったと思います。 お金を借りるということを安易に考えてはいけないということをしっかりと覚えておいたほうがいいでしょう。 そして利用する時は、自分がしっかり返済することが出来る金額にして、返済日をしっかり守り、賢く利用するようにしましょう。