無人契約機 カードローン 申し込み 流れ

無人契約機でカードローンを申し込むまでの流れ

無人契約機でカードローンを申し込むまでの流れについて書いていきたいと思います。既に契約したことがある人であれば、どのような流れで行われるかわかると思いますが、初めての人はどのような流れで行われているのか、わからないと思うので書いていきます。

少し前までは、消費者金融の無人契約機を多く見かけていたと思いますが、最近は店舗自体が減ってきているので、見かけなくなったと感じている人も多いのではないでしょうか。 ですが、大手の消費者金融の無人契約機は現在でも設置されている所があるので、カードローンの契約をすることが出来ます。 無人契約機は、店頭申し込みとは違い、担当者と顔を合わせずに申し込みから契約までをすることが出来ます。 インターネットが普及していますが、現在でも利便性から無人契約機ならと考える人がいるかもしれません。

無人契約機であっても、金融会社によって違いがあり、申込み書を使う場合やすべて画面入力で進めることが出来るものがあります。 ですが、全ての無人契約機でガイダンスのアナウンスが流れるので、ガイダンスに従って操作をしていけばカードの発行までに、最短で30分程度で完了することが出来ます。

では入室からの流れを簡単に説明していきます。

◦入室から申し込みまで
無人契約機に入室したら、機械が申し込みまでの流れや、操作方法を説明してくれます。なのでその指示に従い操作を進めていってください。 タッチパネル式なので、操作はスムーズに出来ると思います。

◦審査から契約まで
入力した個人情報や希望金額をもとにして審査が行われます。 無人契約機によっては、申込用紙が用意されていて記入して無人契約機にセットして申し込みをするものもあります。 審査が終了して、審査が通れば契約可能金額が機械から伝えられます。 その指定された金額で良ければ、契約内容を確認し、その場でカードが発行されるのです。

◦カード発行から出金まで
無人契約機の近くには、ほとんど併設されているATMがあると思うので、すぐに発行されたカードを使い出金することが出来ます。


基本的には、50万円以下の利用限度額の場合は、収入を証明する書類は必要ないようですが、上限金額が50万円以上を超える場合や他社との合計が100万円を超える場合は、収入を証明する書類が必要になるので用意しなくてはいけません。(書類は源泉徴収票・所得証明書・住民税決定通知書・課税証明書・納税証明書などです。) また免許証や健康保険証などの本人確認書類などは、上限金額に関わらずに用意する必要がありますので、忘れないようにしてください。

そしてカードローンは、「保証人が必要なのか?」と思う人がいるかもしれませんが、カードローンは保証人が不要なローンなので、必要ありません。カードローンは無担保で無法証人というのが基本です。 そして稀ではありますが、概要書にも保証人不要になっているカードローンであっても保証人が求められることがあるようです。 これは稀なので、ほとんどは無保証人と思っていてもいいでしょう。

そしてカードローンには、年齢制限があるので覚えておきましょう。 カードローンは20歳以上でなければ利用することが出来ません。 クレジットカードはカードローンと違い18歳以上であれば作ることが出来るので、18歳以上でも作ることが出来るカードローンはないかと思っている人がもしかしたらいるかもしれませんが、合法な物ではまずありえません。 必要ない人がカードローンを作る必要はありませんが、必要であるのであれば20歳になるまで待たなくてはいけません。 逆に何歳までの人なら申し込むことが出来るのかというと、カードローン会社などによっても違いがありますが、60歳を少し過ぎたくらいと考えて多くといいかもしれません。 いずれにしても収入が安定している人でなければいけませんが、現代の60代であればまだまだ収入が安定している人が多いです。 このように説明してきましたが、60代で新規のカードローンを必要としている人は、とても少ないのではないでしょうか。

どうでしょうか?簡単に説明してきましたが、おわかりいただけたでしょうか。 このような流れでカードローンの申し込みをすることが出来るのです。

初めての人は、出来るのか心配になったり不安に感じることがあるかもしれませんが、無人契約機がしっかりガイダンスをしてくれるので、それをしっかり聞いてガイダンスの指示通りにすれば、簡単に出来ると思います。 また必要書類や身分証明書が必要になるので、申し込みをする際は、何が必要なのかを事前にしっかり確認してから、行くようにしましょう。

無人機契約機は人と会わずに申し込みをすることが出来るので、店頭で行うよりは行きやすいのではないかと思います。 そしてカードローンの金利は決して低くはありません。またカードローンは長期にまたって利用してしまいがちな物なので、出来れば利用限度額は10%台の金利が適用になる100万円くらいまでにしてほうが良いと思います。 自分が借りるので、自分の収入を考えて無理ない金額に決めるようにしましょう。