カードローン 限度額 どうやって決まる

カードローンの限度額はどうやって決まる?

今回は、カードローンの限度額について紹介しようと思います。

カードローンを利用したことはない人は、限度額がどのようにして決まっているのか知らない人が多いと思いますので、説明していきます。

中には、借りたい金額を借りられると勘違いしている人もいるかもしれませんが、それは間違いです。

カードローンというのは、無担保・無保証、信用だけで融資することから、信用貸しとも言われています。 初めて借入で、100万円借りようと思っても、かなりの与信が良い人でなければ無理でしょう。

多くの人が100万円を借りる場合は、1社から50万円までしか借りることが出来ないので、他の会社に申し込みをして、50万円借りることになるのです。

しかし2010年に、貸金業法は総量規制を作ったので、消費者金融などの貸金業者は、申込者の「年収の3分の1」までしか貸付けできなくなったのです。

では年収によって、借りることが出来る金額が変わるのかというと、変わります。

例えば年収が300万円の人であれば、3分の1なので、100万円までしか借りることが出来ませんが、年収が600万円の人であれば、3分の1で200万円まで借りることが出来ることになります。

これは消費者金融が貸す人を選んでいるわけではなくて、貸金業法という法律で、それ以上貸付けすることを禁止されているからなのです。

ですが、銀行のカードローンであれば、年収にやる規制はないようです。 カードローンは年収の3分の1までしか借入することが出来ないという風に説明をしましたが、これは貸金業者の話であり、貸金業者以外であれば、総量規制は関係なのです。

では貸金業者とは何なのか?と気になる人がいると思いますが、貸金業者とは、貸金業登録番号を受けている会社であり、主に貸付けを事業として行っている業者のことを言います。

その業者の営業所が1都道府県しかない場合であれば、都道府県知事登録をして、営業所が2都道府県以上ある場合は、財務局登録になっています。 会社の規模を計るためにも、知事登録か財務局登録なのかを見れば、会社の規模の大きさをわかるということです。

貸付けを行っている貸金業者は、消費者金融会社やクレジット会社の他にも、信販会社などがあるのです。
銀行のカードローンであれば、年収による借入制限はないので、借りる人からしたらメリットと言えるでしょう。その他にも、銀行カードローンにはメリットがあるので、どのようなメリットがあるかを見ていきましょう。
・総量規制による規制が無い
・金利が消費者金融よりも安い
・利用限度額が高い
・総量規制対象外なので、専業主婦でも借入することが出来る
・おまとめローンや借り換えローンなどを利用することが出来る


銀行カードローンには、このようなメリットがあるのです。

専業主婦は収入がないため、配偶者に収入があったとしても、総量規制があるため消費者金融から借りることは出来ませんが、銀行カードローンであれば、配偶者の収入が安定していれば、最大で50万円まで借りることが出来るのです。

※銀行によっては、専業主婦にも貸付けをしない所もあるようです。


消費者金融よりも銀行カードローンの方が、少し審査が厳しくなっていますが、総合的に考えると、銀行のカードローンの方が良いのかもしれません。

また自分の希望する限度額により収入証明書の有無が異なります。 基本的には、消費者金融であれば50万円以上の借入になると、収入証明書が必要になります。 一方銀行では、100~300万円までであれば、収入証明書は必要ないことが多いです。 わからなければ念のため用意しておくといいかもしれません。

またカードローンの申し込みをする時は、1度に何社も申し込みをしないようにしてください。何社も申し込みをしてしまうと、審査の際に不安要素になってしまうので気を付けましょう。

そして自分がどれくらいだったら借りても大丈夫なのかを考えて、限度額を決めるようにしましょう。 銀行は総量規制対象外だからといって、見合っていない金額を貸すことはしないと思います。 そして申し込みをする時には、不備がないかをしっかり確認してください。あなたの信用に関わりますので、注意してください。 消費者金融からか銀行からか決めるのは、最終的にはあなた自身ではありますが、申し込みを使用と思うのであれば、どこに申し込みをするのか、限度額をどれくらいにするのかなどをしっかり計画してから、申し込みをするようにしましょう。 借入しているお金は、一時的にあなたの手元にありますが、実際はあなた自身のお金ではなく、返済しなくてはいけないお金ということを忘れずにしましょう。 また自分が返済できない金額を借りてしまうと、返済日に返済が出来なくなってしあうかもしれませんし、返済日に返済が出来ないと業者からの信用を無くしてしまうことになってしまうので、気を付けましょう。 人は、お金があるとついつい使ってしまうものです。使い方をしっかり考えて賢く利用するようにしましょう。