家族 バレずに カードローン 利用 出来るか

家族にバレずにカードローンを利用することが出来る?

家族にバレずにカードローンを利用したいと考えている人は、世の中には多くいるのではないでしょうか。

カードローンなどが家族にバレてしまう原因の多くは、カードローン業者からの郵送物からなのです。 カードローンの申し込みをして、カード発行のため郵送物が発生したり、申し込み時の契約書で郵送物が発生したり、利用明細の発行や滞納した場合に郵送物が発送物が発生してしまうことから、家族にバレてしまうことがほとんどなのです。 ですが、上記で紹介した送付は郵送なしにすることも出来ますが、滞納をしてしまうと絶対に郵送物が発生してしまうので、滞納をしないように返済日を忘れないように気をつけ、余裕をもって生活したほうが良いでしょう。 もし滞納して郵送物が来て、バレてしまった時は、自分が悪いと諦めるしかありません。

また近年では、利用明細をネット上で確認するものが多くなっているので、郵送をしない業者も多くなってきています。 またカード発行も無人機のある業者であれば、無人機で発行してもらうようにすることも出来ますし、窓口で受け取りするなど選ぶことが出来るので、そうすれば郵送物がなくなりバレる確率が減ります。

また郵送物の時間指定が出来るサービスがある業者もあるので、そのような業者を選ぶようにした方が良いでしょう。

また申し込み時に在籍確認のために自宅や勤務先に電話連絡がくることがあります。 会社名を出すことはなく、担当者の名前で書けるのですが、知らない人から電話が来てしまうと感づいてしまう人は、感づいてしまいます。 業者によっては、在籍確認の電話の時間も指定できるサービスがあるので、そのようなサービスがある業者を選んだ方が良いかもしれません。 そしてカードローン業者から、いきなり自宅に電話がかかってしまったらどうしようと考えてしまう人がいるかもしれませんが、現在は携帯電話への連絡が主流になっているので、自宅にいきなり電話がかかることはないと考えていいでしょう。 またもし電話がかかってきたとしても、業者が家族に用件を話すことはないので、バレる心配はありませんし、先ほども言いましたが、業者名を出すことはありません。 もし家族にさっきの電話は誰なのかと聞かれたとしても、嘘をつけばバレることはありません。

また注意しなくてはいけない点もいくつかあるので、見ていきましょう。

1つ目は、ATMで発行される利用明細が出てこないようにすることです。

2つ目は、パソコンで利用明細を確認した履歴を自分がいない時に見られてしまうことがあるので、利用明細を見た時は、履歴を残さないようにするかパソコンで見ないようにしましょう。

3つ目は、カードローン業者に言っている所を知人に見られないようにしなくてはいけません。
もし見られてしまうと、知人経由で家族にバレてしまう可能性がありますので、気を付けなくてはいけません。

4つ目は、家族にカードを見つからないようにすることです。
カード発行を郵送にしないで気を付けたとしても、あとからカードが見つかってしまうと意味がありません。

このように郵送物が無くても、他の所でバレてしまう可能性がいくつかあるので、絶対にバレたくない人は、このようなことも気を付けなくてはいけません。

またもしも家族にバレたくないのであれば、自宅に電話連絡がいかない・郵送がないというような業者を選んだり、時間指定が出来るような業者も選ぶようにすると、バレるリスクを減らすことが出来るのではないでしょうか。 そして連絡がある時は、携帯にしてもらうように伝えておくといいと思います。

また申し込みをする際に業者側に、家族に内緒にしたことを伝えると、業者側もしっかり配慮してくれるようなので、伝えるといいでしょう。

どうでしょうか。これを見てわかるように、家族にバレずに内緒でカードローンを利用することは出来そうですね。ですが、このように利用するのであれば申し込みをする時だけではなく、その後も気を抜かずにバレないために色々と気を付けなくてはいけないのです。

本当は、家族に内緒にしてカードローンを利用すること自体が良いことではありませんし、お金の問題なのでバレてしまった時に争いが起こってしまったり、家族に迷惑がかかってしまうことがあるので、1番いいのは、家族に隠し事をしないで言った方がいいのですが、その人の事情によっては、家族にも打ち明けることが出来ない理由があるのかもしれません。

どうしても家族に言えないで利用するのであれば、絶対に家族に迷惑がかからないように、返済日を守り、早く完済できるようにしましょう。 このような方法を紹介しましたが、バレずに借りることが出来るのなら、内緒で借りていいという訳ではありませんので、勘違いしないでください。 隠し事をしないで、利用するのが1番だということを忘れてはいけません。