カードローン 契約をした人 死亡 どうなる

カードローンの契約をした人が死亡した場合はどうなるのか

カードローンを契約した人が死亡した時に、その残高などはどうなるのかについて書いていきたいと思います。 契約者が死亡した時に、返済などがどのようになるのかを皆さんは、知っていますか?知っているという人もいると思いますが、知らないという人も多いのではないでしょうか。

また契約した人は、自分が死ぬまでに自分が作った借金を全て無くしておきたいと思う物だと思いますが、自分がいつ死亡してしまうのかなどは、自分でも予測することは出来ませんよね。

では、契約者が死亡してしまった時にどうなるのかをさっそく見ていきましょう。 もし自分の親がカードローンを利用していた場合の話をします。 自分の親が利用残高が残ったまま死亡してしまうと、その債務は相続人である配偶者や子供がそれらも相続することになるのです。 そして一般的には相続とは財産を継承することですが、負債がある場合は資産だけではなく負債までも引き継いでしまうことになるのです。 もし資産がほとんどなく、負債が多い場合は、親の貯金などを合算してもカードローンなどの残債の方が多いことになるので、相続人は大きな借金を背負わされてしまうのです。

このような場合には、相続放棄をすることが出来ますが、それは財産を継承しないかわりに親が作った借金の支払わなくてよくなるということです。 ですうが、相続放棄の届け出をしないでそのままにしてしまっていると、単純承認と言って、資産も負債も相続することになるのです。

また相続放棄をする場合は、相続開始を知った日から3ヶ月以内に自分が住んでいる地域の家庭裁判所に届出をしなくてはいけないのです。 もしも家庭裁判所に届出をしないで、一部の人間にしか通じない書面で相続放棄をしたつもりになっていても意味がないので注意しなくてはいけません。

そして相続した資産の範囲内で負債を返済することを条件にして遺産を相続することを限定承認と言います。被相続人の残した負債がどれくあいあるのかがわからない場合は、限定承認を選択することで、負債を背負い込まずに遺産相続をすることが出来るので、安全だと思います。 また限定承認も相続放棄と同じように、相続の開始を知ってから3ヶ月以内に家庭裁判所に届出をしなければいけないのです。

ですが、家族だけが遺産放棄をしておけば、あとは関係ない、話が終わりという訳ではありません。 相続放棄を配偶者や子供が行ったとしても、次に相続する順番の人が資産も負債も相続することになってしまうのです。 もしも父親の家族が相続放棄をすると、父親の直系尊属になる父親の父母が相続することになり、父母が既に死亡している場合だと、父親の兄弟が相続することになるのです。 また父親の兄弟たちが既に死亡している場合であれば、その兄弟の子供に相続権が移ってしまうのです。

自分の親の作った借金の返済義務が、従兄弟に課せられるケースもあるということをしっかり覚えておく必要がありますし、自分の親が作った借金で他の人に迷惑がかからないようにしなくてはいけません。

なので、家族だけが相続放棄するのではなく、親の兄弟たちにも自分達が相続放棄をすることをしかり伝えていかなくてはいけないのです。 そして親の兄弟たちが、相続放棄するという時にも同じような方法で相続を放棄することが出来るようになります。

また相続放棄をしたとしても、親の借金の連帯保証人になっている場合は、負債の弁済義務を放棄することは出来ないようですので、覚えておきましょう。 昔からよく言われていると思いますが「親・兄弟であっても連帯保証人にはなるな」と言われているので、親・兄弟であってもむやみに連帯保証人になるのは辞めたほうがいいでしょう。

このように契約した人が死亡してしまった場合は、負債を相続人が背負うことになったり連帯法証人が支払わなくてはいけなくなってしまうので、そのように負債を背負いたくない場合は、相続放棄や限定承認の手続きをするようにしてください。

私には関係ないと思ってしまう人がいるかもしれませんが、いつあなたに降りかかるかわかりませんから、少しでも理解しておいたほうがいいのではないでしょうか。 少しでも理解しておくことで、いざと言う時にこの時は何をすればいいのかなどを判断することが出来るのではないでしょうか。 自分が作った借金時じゃないのに支払いをするのは誰でも嫌だと思うので、そうならないようにしましょう。

そして相続することを知ってから「3ヶ月」としっかり期間が決まっているので、相続放棄をしたり限定承認を使用と思うのであれば、早め早めで行動するようにした方がいいでしょう。 3ヶ月を過ぎてしまってからでは何も出来ませんし手遅れなので、手遅れにならないように行動しなくてはいけません。 このようなことをしっかり理解して、自分に負担がかからないようにしていきましょう。